電流センサ

現在のページ位置

  1. ホーム
  2. 製品情報
  3. 電流センサ
  4. MR式電流センサ

MR式電流センサ

MR素子を採用した磁気平衡方式電流センサ 外乱磁界に強い構成でコアレスを実現 低ヒステリシス特性 出力ノイズが少なく、直線性に優れています。

 MR式電流センサは、独自に開発したMR素子を用いた磁気平衡方式電流センサです。
 コアレス構造を実現しているため、従来の電流センサ特有の電流損失を抑えられます。

動作原理

HRシリーズ

HRシリーズ 概要図

 被検出電流によって発生した磁界が常にゼロになるように二次巻線に帰還電流を流すクローズドループタイプの電流センサです。

 この方式は、入力電流母線の近傍にMR素子を配置するとともに、MR素子には入力電流(I)によって発生した磁界をうち消すためのフィードバック線が配置されています。

 フィードバック回路は、MR素子の出力が常にゼロなるようにフィードバック線に帰還電流を流しますので、この帰還電流を負荷抵抗(RL)で電圧に変換することにより、被検出電流に比例した出力電圧を得ています。

特長

  • ●高精度(リニアリティが良い、温度ドリフトが小さい、ヒステリシスが小さい)
  • ●外乱磁界の影響を受けにくい
  • ●出力ノイズが少ない